vsヤクルト(第8回戦)~豪快アーチ4発共演でビジター6連戦勝ち越し!(2020.0726)

最終更新日

Comments: 0



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合試合前情報次の試合

2020年7月26日vsヤクルト第8回戦(明治神宮球場)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
5 0 1 2 0 1 0 0 0 9
2 0 0 0 0 0 0 2 0 4

:桜井俊貴(2勝)

:高梨裕稔(2敗)

本塁打:吉川尚輝6号(1回2ラン)岡本和真11号(3回ソロ)坂本勇人4号(4回2ラン)亀井善行2号(6回ソロ)



名前
亀井善行 4 2 1 0 .299
97 重信慎之介 1 0 0 0 .269 1
坂本勇人 5 3 2 0 .238
増田大輝 0 0 0 0 .176 0
丸佳浩 5 3 1 0 .259 7
R 松原聖弥 0 0 0 0 1,00 0
岡本和真 5 2 2 0 .319
北村拓己 0 0 0 0 .323 0
大城卓三 3 0 1 0 .348 4
中島宏之 1 0 0 0 .247 3
ウィーラー 2 1 0 2 .289 3
R 陽岱鋼 1 0 0 0 .238 1
吉川尚輝 4 2 2 1 .257
炭谷銀仁朗 5 1 0 0 .282 0
桜井俊貴 3 0 0 1 .000 0
大江竜聖 0 0 0 0 0
田中豊樹 0 0 0 0 0
名前 防率
桜井俊貴 7.2 6 4 4 4 4 3.73
大江竜聖 0.1 0 1 0 0 0 3.00
田中豊樹 1 0 0 0 0 0 0.00

(情報の正確性は保証しません)

スタメン考察

今日は試合前に、育成選手の田中豊樹が支配下登録され、即日1軍昇格。ユニフォームが間に合わず3桁の背番号ながら、ブルペンに加わりました。

打線は1番に亀井善行を起用するタイプのオーダーで、今日は桜井が先発のためキャッチャーは炭谷銀仁朗。バッティング好調の大城は、ファーストに入って5番に座りました。

また、コンディションがよくないパーラは2試合続けてベンチを外れ、代わりにウィーラーが外野で出場しています。

ということで、序盤に打線が爆発して得たリードを桜井が守り切って勝利した試合を、イニングごとに振り返っていきましょう。



1 2 3 4 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする