vsヤクルト(第3回戦)~最高のゲーム運びでカード勝ち越し!(2020.0628)

最終更新日

Comments: 0



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合試合前情報次の試合

2020年6月28日vsヤクルト第3回戦(明治神宮球場)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 5 0 3 0 1 0 0 3 12
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

:A.サンチェス(2勝)

:山田大樹(2敗)

本塁打:岡本和真4号(6回ソロ)石川慎吾1号(9回3ラン)



名前
685 増田大輝 4 1 1 2 .200 0
丸佳浩 4 1 2 1 .143 0
78 若林晃弘 0 0 0 0 .000 0
坂本勇人 4 2 2 0 .314 1
79 重信慎之介 1 0 0 0 .333 1
岡本和真 4 3 2 1 .472
宮國椋丞 0 0 0 0 0
陽岱鋼 4 0 0 0 .348 1
吉川尚輝 1 0 0 0 .273 1
亀井善行 3 1 2 1 .211 0
46 田中俊太 1 0 0 0 .000 0
中島宏之 2 0 0 2 .259 0
R 北村拓己 1 1 0 0 .333 0
炭谷銀仁朗 4 2 0 0 .273 0
澤村拓一 0 0 0 0 0
藤岡貴裕 0 0 0 0 0
H 石川慎吾 1 1 3 0 .500
サンチェス 3 0 0 0 .000 0
H 岸田行倫 2 1 0 0 .667 0
名前 防率
サンチェス 6 3 3 4 0 0 0.77
澤村拓一 1 1 0 0 0 0 7.36
藤岡貴裕 1 1 1 0 0 0 3.60
宮國椋丞 1 0 0 0 0 0 3.60

(情報の正確性は保証しません)

スタメン考察

今日は今シーズン初めて増田大輝をスタメン起用して、1番セカンド。2日ぶりに丸を2番に据えてきました。

また、下位打線はパーラを今シーズン初めてスタメンから外して、陽岱鋼、亀井善行、中島宏之の並び。前回のサンチェス先発時には小林誠司が被ったスタメンマスクは、炭谷銀仁朗が被りました。純粋に相手先発が左という点と、前回小林が交代した6回にサンチェスは大城とバッテリーを組んでリズムが崩れたので、そこも配慮した結果かもしれません。

ということで、投手陣がピシャリと締めて、打線が隙のない攻撃で圧倒したこの試合を、イニングごとに振り返っていきましょう。



1 2 3 4 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする