vs阪神(第2回戦)~パーラの特大デビュー弾で開幕連勝!(2020.0620)

最終更新日

Comments: 0



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合試合前情報次の試合

2020年6月20日vs阪神第2回戦(東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
1 0 0 2 0 0 8 0 × 11

:田口麗斗(1勝)

:岩貞祐太(1敗)

本塁打:G.パーラ1号(7回3ラン)



名前
吉川尚輝 4 0 0 0 .143 1
石川慎吾 1 0 0 0 .500 0
坂本勇人 4 3 1 0 .500 0
R 増田大輝 1 0 0 0 .000 0
丸佳浩 4 0 1 0 .000 0
岡本和真 4 2 2 0 .333 0
中島宏之 1 0 0 2 .400 0
R 79 重信慎之介 0 0 1 1 .000 0
陽岱鋼 4 1 2 0 .250 0
パーラ 3 2 3 1 .500
鍵谷陽平 0 0 0 0 0
藤岡貴裕 0 0 0 0 0
炭谷銀仁朗 1 0 1 1 .000 0
R 湯浅大 1 0 0 0 .000 0
田口麗斗 2 1 0 0 .500 0
澤村拓一 0 0 0 0 0
ビエイラ 0 0 0 0 0
高木京介 0 0 0 0 0
H 大城卓三 1 0 0 1 .000 0
名前 防率
田口麗斗 5 4 4 3 1 1 1.80
澤村拓一 1 0 1 0 0 0 0.00
ビエイラ 0.2 1 0 2 0 0 0.00
高木京介 0.1 0 1 0 0 0 0.00
鍵谷陽平 1 0 2 0 0 0 0.00
藤岡貴裕 1 1 0 0 0 0 0.00

(情報の正確性は保証しません)

スタメン考察

阪神先発の岩貞に対して、昨日の開幕オーダーとは打順を入れ替え、陽岱鋼をレフトでスタメン起用。ナカジを5番に上げる布陣を組んできました。

また、キャッチャーは炭谷銀仁朗がシーズン初スタメンで田口をリードすることに。

一方阪神打線も組み替えがあり、田口に相性がいい大山を5番で起用したほか、右打者多めの打順を組んできました。

そんな中で、田口が阪神打線を抑え、序中盤の着実な得点と7回の大量点で勝利したこの試合を、イニングごとに振り返っていきましょう。



1 2 3 4 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする