隠善智也~打率10割で引退した天才バッター

→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら



やっほーおはあんず~

今回取り上げたいのは、育成指名から這い上がり、2軍で結果を出し続けた天才バッター・隠善智也さんです。

現役時代は1軍機会に恵まれず、引退後は球団職員に転身した隠善さんについてまとめていきます。

主な経歴

広島国際学院高校から広島国際学院大学を経て、2006年に巨人から育成4位指名。突出した打撃センスを買われての指名でした。

その打撃センスは1年目から発揮されて、イースタンでは打率.284。支配下候補と目されると、2008年の開幕前には早速支配下登録。

その2008年には1軍でも36試合に出場して3割近い打率を残すなど、若き天才バッターとしてとんとん拍子に進んでいきました。

 

ところが翌年以降は、2軍で結果を残しても1軍で出番がもらえない日々が続きます。

2009年は1軍3試合に留まると、2010年は出場無し。2012年に4年ぶりの1軍安打を放つものの、目立つ活躍が出来ないまま、2015年に戦力外通告。

3試合の出場ながら、2打数2安打で打率10割を記録していたシーズンのことでした。

間違いなくパフォーマンスが落ちていたわけではありませんが、これをもって現役を引退。その後は巨人の球団職員に転身しました。



通算成績

(1軍)

2008 36 63 62 18 0 4 .290 .302 .323
2009 3 2 2 0 0 0 .000 .000 .000
2011 3 1 1 0 0 0 .000 .000 .000
2012 22 25 21 2 0 1 .095 .240 .095
2013 1 1 1 0 0 0 .000 .000 .000
2014 11 29 28 9 0 0 .321 .321 .321
2015 3 2 2 2 0 2 1.00 1.00 1.00
79 123 117 31 9 7 .265 .295 .282

9年間の現役生活で、79試合の出場。

本来ならばほとんど出ていないに等しいんですが、正直印象よりもかなり出ています。

特に支配下以降は、2010年を除いて毎年1軍出場があった事実には驚きました。

ここまで毎年1軍機会を与えられるきっかけになったのが、以下に挙げる2軍成績です。

(2軍)

2007 42 99 88 25 1 8 .284 .333 .318
2008 55 235 209 58 5 25 .278 .338 .397
2009 64 206 195 54 3 25 .277 .312 .400
2010 78 174 155 34 4 17 .219 .295 .355
2011 107 364 329 107 1 33 .325 .352 .410
2012 84 321 284 93 6 35 .327 .364 .444
2013 81 200 193 57 2 17 .295 .323 .415
2014 51 160 148 43 3 23 .291 .338 .412
2015 80 297 274 81 3 36 .296 .324 .376
642 2056 1875 552 28 219 .294 .334 .397

例の2010年以外は、毎年2割後半~3割半ばを安定してキープ。

よく言われていたのが、「2軍で調子のいいときに呼ばれなくて、山が過ぎた頃に1軍に行って結果が出ない」ということでした。

実際どうなのかは怪しいですが、そうも思いたくなるような打撃センスを持つ選手でした。



PICK UP GAME

2008年5月11日vs中日第9回戦(東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
1 0 0 1 1 3 3 0 × 9

:S.グライシンガー(5勝)

:中田賢一(3敗)

本塁打:A.ラミレス11号(4回ソロ)小笠原道大8号(6回ソロ)

試合概要

中日戦カード勝ち越しが懸かったこの日は、移籍1年目からエース級の働きをしていたグライシンガーが先発した。

初回に1点をもらったグライシンガーだったが、3回に四球がらみで崩れて3失点。序盤をビハインドで終了する。

それでも打線は4回に、4番のラミレスのホームランで1点差とすると、5回には亀井義行にタイムリーが生まれて同点。

さらに6回にはオガラミアベック弾となる小笠原道大のホームランで勝ち越すと、打線が繋がり3得点。さらに7回にも3点を加えて、試合を決定づけた。

 

中盤以降立ち直ったグライシンガーは、7回まで投げて3失点で5勝目。

チームも週末の中日3連戦勝ち越しを飾った。

活躍

この年シーズン前に支配下登録された隠善さんは、春先一度登録抹消からの再登録。

この日は谷佳知さんの代役として、7番・ライトでプロ初スタメンを飾っていました。

第1打席こそ空振り三振に倒れたものの、5回の第2打席は先頭打者でライト前ヒット。この後盗塁を決めて、亀井義行のツーベースで同点のホームを踏みます。

 

さらに第3打席では、チャンスで打席に入ってセンター前ヒット。

貴重な勝ち越し点をもたらすと、続く第4打席ではライトへツーベースヒット。

この日3安打目は走者一掃のタイムリーとなり、終わってみれば4打数3安打3打点の大爆発。

そのバッティングセンスから、「隠善智也は天才打者である」ことを周知させた試合でした。



思いで

「足が普通で左利きの立岡宗一郎」

隠善智也という選手を誤解を恐れずに説明するなら、私だったらこうします。

 

代走、守備固めはとんでもない。長打も特にはない。四球も選ばない。1軍実績も後ろ盾(ドラフト順位、出身校)もない。

そんな選手がなぜ9年間も、黄金時代が2回重なった巨人一筋で現役を突き通せたのか?

唯一の理由が、天才・高橋由伸が認め、長年自主トレを行うほどの、「打撃センス」でした。

 

野球は基本、打てる人が偉いスポーツです。

レギュラーメンバーを選ぶなら、チーム内で打てる順番に並べれば、ほぼ間違いありません。

隠善智也は「打撃センス」という点において、間違いなくその中にいました。

ただ、何が何でも「その他」を持っていなさすぎました。そのせいで、打てるのは分かっていても、中々1軍では使いづらい存在でした。

 

それでも、その現実が誰の目にも明らかでありながら、才能が開花する日を信じて、球団は9年間も待ち続けました。

そのことが、「隠善智也」という選手を形容する、最も偉大な事実だと思います。

じゃあね~また明日~

おつあんず~





にほんブログ村

↑↑↑クリックで応援お願いします!

16件のフィードバック

  1. Wow, superb blog layout! How long have you been blogging for?
    you made blogging look easy. The overall look of your site is fantastic, as well as the content!

  2. Hi! This is my first comment here so I just wanted to give a
    quick shout out and say I truly enjoy reading your posts.

    Can you recommend any other blogs/websites/forums that go over the same subjects?
    Thanks a ton!

  3. With havin so much written content do you ever run into
    any problems of plagorism or copyright infringement? My website has a lot
    of unique content I’ve either authored myself or outsourced but it appears a lot of it is popping it up all over the
    web without my authorization. Do you know any
    ways to help protect against content from being ripped off?
    I’d certainly appreciate it.

  4. I am not sure where you’re getting your information, but good topic.
    I needs to spend some time learning more or understanding
    more. Thanks for fantastic info I was looking for this information for my mission.

  5. I’m really impressed together with your writing talents and also with the structure for
    your blog. Is that this a paid theme or did you customize it yourself?
    Either way keep up the excellent high quality writing, it
    is uncommon to look a nice weblog like this one these days..

  6. Whats up this is kind of of off topic but I was wondering if
    blogs use WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML.
    I’m starting a blog soon but have no coding skills so I
    wanted to get guidance from someone with experience.
    Any help would be greatly appreciated!

  7. Hi there! I could have sworn I’ve been to this blog before but after browsing through a few of the posts I realized it’s new to me.
    Regardless, I’m definitely delighted I came across it and
    I’ll be bookmarking it and checking back frequently!

  8. These are really fantastic ideas in concerning blogging.
    You have touched some fastidious factors here.
    Any way keep up wrinting.

  9. I have been surfing online more than three
    hours these days, yet I never discovered any interesting article like yours.
    It is beautiful value sufficient for me. Personally, if all site owners and bloggers made excellent content material as you did, the
    net will probably be a lot more helpful than ever before.

  10. I like the valuable info you provide in your articles.
    I will bookmark your weblog and check again here frequently.
    I am quite certain I’ll learn many new stuff right here!
    Good luck for the next!

  11. I was suggested this web site by way of my cousin.
    I’m now not certain whether or not this put up is written by
    him as no one else recognize such exact about my trouble.

    You are wonderful! Thanks!

  12. Hi there, I discovered your blog via Google while searching for a comparable topic, your
    web site came up, it seems to be great. I’ve bookmarked it in my google bookmarks.

    Hi there, simply was alert to your blog thru Google, and
    located that it’s truly informative. I’m going to be careful for brussels.
    I’ll appreciate in case you proceed this in future. Many people
    will likely be benefited out of your writing.

    Cheers!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする