2軍練習試合vs楽天~横川凱7回途中1失点で早期の1軍視野?(2020.0327)



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合|次の試合>

2020年3月27日2軍練習試合vs楽天(森林どりスタジアム泉)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
6 2 0 0 0 5 0 0 0 13
0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

本塁打:石川慎吾(1回3ラン)



名前
湯浅大 4 2 1 2
吉川大幾 3 0 0 1
若林晃弘 2 0 0 0
D 山下航汰 2 2 0 2
H D 田中貴也 1 0 1 1
北村拓己 4 1 2 2
石川慎吾 4 3 3 0
増田大輝 1 0 0 0
岸田行倫 4 2 2 0
山瀬慎之助 1 0 0 0
重信慎之介 4 1 1 0
笠井駿 1 0 0 0
山本泰寛 2 1 1 0
田中俊太 2 0 0 0
松原聖弥 3 1 2 2
名前
横川凱 6.2 6 3 3 1 1
田原誠次 0.1 0 0 1 0 0
桜井俊貴 1 0 0 0 0 0
田中豊樹 1 1 1 1 0 0

(情報の正確性は保証しません)

試合総括

仙台に移動して3連戦の初戦。巨人は横川凱が先発すると、7回途中1失点の快投。2軍のローテーションに入る左腕が、この日も結果を残しました。

数日前まで1軍にいた選手が中心の打線は初回。昨年までクローザーだった先発の松井裕樹を攻め立てて、一挙6得点。北村と松原にタイムリー、石川慎吾にホームランが飛び出しました。

その後も効果的に得点を重ねた打線は、終わってみれば先発全員出塁で13得点。山下航汰は全打席出塁で、石川慎吾が猛打賞。湯浅も4出塁を記録しました。

ということで、この試合の模様をイニングごとに振り返っていくつもりでした。

 

が、私の近所がマジでガチな方の停電に見舞われて、試合の途中を見ることが出来ませんでした。

従って、序盤と6回裏以降のみのレビューとなっています。



1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする