vs広島(第11回戦)~本塁突入ギャンブルに勝利!(2019.0526)

最終更新日

Comments: 0




1回 広1巨3

まずは山口俊の立ち上がりですが、先頭の野間にいきなりヒットを許します。

この後入れ替わった後、バティスタにはサード強襲の内野安打。これは岡本が良い反応でした。

鈴木死球で満塁となった後、西川にボール球を運ばれて犠牲フライ。早速先制を許しました。ただまぁこれはゲレーロのナイスキャッチで1点で防いだと言っていいでしょう。

とりあえずこの回の山口俊の印象としては、「ストレートはそんなに悪くないけど変化球が全体的に高い」でした。こういう日はここから良くなったり悪くなったりなので、ここから先も油断できない立ち上がりとなりました。

 

裏の攻撃。

今日1番起用の亀が間に落としてポテンヒット。反撃のチャンスメイクをします。

勇人はツースリーからランエンドヒットの形になって、捉えながらもレフトフライ。これはまぁ打った瞬間に上がりすぎでしたね。

で、丸毛同じくツースリーからランエンドヒットの形になって、センター前にポトリ。ラッキーなヒット2本で逆転のチャンスを作ります。

そして岡本。アドゥワからは去年確かカーブを捉えて文句なしの一発を放っていたと思います。

その岡本はインコースに甘く入ったスライダーを逃さず、打った瞬間の逆転3ランホームラン。しばらく出ていなかった久々の一発で、一気に逆転に成功しました。




2回 広0巨0

逆転して貰った山口俊。

先頭の安部は見逃し三振。これはフォークが高く浮きましたが、逆に良い感じに打ちにくいところに変化してくれましたね。

ただここで、田中広輔にファーストへの内野安打。大城の反応は思ったより良かったんですが、山口俊のベースカバーがワンテンポ遅れましたね。

ここを抑えれば一気に乗っていけそうな雰囲気もあっただけに、もったいない出塁にはなりました。

ここからバントで2アウト2塁に。ただこのピンチ自体は、野間をインコースストレートで見逃し三振。点を取って貰った後のイニングは、しっかり抑えた形になりました。

 

3回 広0巨0

上位2順目のこの回。

先頭の菊池はフォークで空振り三振。この辺りからフォークで空振りをとれるようになってきたのが、今日の1つの分岐点だったと思います。

このまま2アウトになりましたが、ここで鈴木にセンター前。追い込んでからインコース要求が決めきれませんでしたね。

この後盗塁で2塁になって、西川の内野安打で1・3塁。これは勇人がナイスストップでした。抜けてたら1点でしたね。

ここで前の打席で良い感じでスイングしていた磯村でしたが、最後はフォークで空振り三振。今日の山口俊は投げきるべき時にはしっかり投げきってくれるなという印象でした。

 

攻撃ではランナーを出しながらも無得点。

両チーム上位で点を取れなかったことによって、この試合が徐々に固まっていく雰囲気も見え始めました。



1 2 3 4 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする