銀仁朗・丸入団記念 プロテクトガチ考察!

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

めでたいことに、丸佳浩・炭谷銀仁朗両選手のFA移籍が決定しました!!よかったね!

で済んだらいいんですけどね…

おそらく今年も避けては通れないでしょう。「人的補償

簡単に言うと、FA選手が前いた球団は単純に選手が1人減るわけなんでその分を移籍先の球団に要求できる制度です。ただ、誰でも要求出来ちゃうと主力同士のトレードになっちゃって移籍市場が停滞するからある程度の条件がある。(って認識でいいよね?)

 

細かいルールはいろいろありますが、簡単にまとめると、

①人的保証を要求出来るのは移籍選手がBランク以上の時。(金銭補償も選択可)

②人的保証の場合、移籍先の球団は補償対象選手から28名をプロテクトできる。

ということです

 

今回の場合、①に両選手該当するので人的保証が発生します。②の補償対象選手とは、その時点で支配下登録されている日本人選手(直近のドラフト入団選手を除く)のことです。

若干用語違ってたりするかもしれませんが大枠はあってます。

 

で、問題はここから。誰をプロテクトするかってことです。

これに関しては多くの人が予想しているんですけど、はっきり言って分かりません!!!

だってそのプロテクトリストは公開されないんですもん。直接的に選手の評価に関わるんでトップシークレットだと思います。唯一分かるのは、「人的補償に指名された選手はプロテクトがかかっていなかった」ということだけです。

だから今回の私の予想は、あくまで「普通に」実力や将来を考慮してプロテクトしているもんだという前提でやらせて貰います。いろいろなしがらみがどうのこうのな考えません。

次のページから予想していきますが、選手の実力等はあくまでも私の主観です。予めご了承下さい。

 

1 2 3 4 5

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする