沖縄キャンプのメンバー発表!その切符を掴んだのは??

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

というわけで、昨日で1軍は宮崎キャンプの全日程が終了。明日からは舞台を那覇に移して、シーズンに向けた調整が進んでいきます。

そんな那覇行きのメンバーが発表されているので、見ていきましょう。

基本的には実績組+紅白戦でアピールに成功した選手にはなっていますね。

紅白戦の模様はこちら↓↓↓

紅白戦第2ラウンド~結局主役はあの男?

紅白戦第3ラウンド~沖縄行きの切符を掴むのは?

 

<投手>

山口俊、高橋優貴、澤村拓一、菅野智之、岩隈久志、野上亮磨、R.クック、田口麗斗、鍬原拓也、桜井俊貴、C.C.メルセデス、今村信貴、吉川光夫、T.ヤングマン、戸根千明、大江竜聖、坂本工宜

 

<捕手>

阿部慎之助、小林誠司、炭谷銀仁朗、大城卓三

 

<内野手>

吉川大幾、吉川尚輝、中島宏之、坂本勇人、岡本和真、C.ビヤヌエバ、田中俊太、山本泰寛

 

<外野手>

陽岱鋼、丸佳浩、亀井善行、立岡宗一郎、A.ゲレーロ、松原聖弥、和田恋

 

宮崎キャンプの1軍メンバーからの変更点としては、

<IN>

戸根千明、坂本工宜、大城卓三、吉川大幾、立岡宗一郎

<OUT>

髙田萌生、重信慎之介

となります。

ベテラン組も引き続き、全員そのまま帯同するようですね。当分は実戦でも若手中心の起用にはなると思いますが、状態を常に把握するという意味では、1軍であっても問題ないと思います。あんまり若手ばっかり連れて行っても全球団それをしだしたら「2軍戦と何が違うのか?」というメンバーでの試合になりかねませんしね。

 

上がった選手で行くと、戸根に関しては2軍の左のリリーフで1番という評価なんでしょうね。紅白戦では2試合とも無失点に抑えていますし、元々原さんが監督をやっていたシーズンがキャリアハイという選手なので、ある程度は期待されているんだと思います。

坂本工宜は紅白戦で1番アピールできた選手でしょう。単純に「もっと見てみたい」と思わせることができたんでしょう。まだまだ育成選手という立場なので、まずは支配下登録を目指した戦いになりますね。

大城はそもそも何故2軍だったのか?といった感じでしたが、ここから晴れての1軍帯同になります。昨日最後にちょろっと書きましたが沖縄でキャッチャー3人体制(慎之助含む)というのは考えにくかったので、順当な昇格と言えるでしょう。

大幾はキャンプ途中から実質1軍でしたからね。バックアップ枠を山本辺りと争いながらあわよくばレギュラーを…といったところだと思います。

タッピは昨日の活躍が大きかったでしょうね。原さんが目指す「走塁像」を真っ先に体現したところでの1軍抜擢だと思います。

 

萌生は登板2試合とも内容が今ひとつだったのが痛かったですね。同じタイミングで投げていた坂本工宜が良いアピールをしていた分印象的にも悪くなったと思います。

タイプ的には通用するようになるまで時間がかかると思うので、今は焦らずじっくりで大丈夫だと思います。

重信は同じタイプのタッピがアピールして、同じく当落線上の和田恋と松原も結果を残したために押し出された形になりました。春先に強いタイプなのでどうせなら1軍で見てみたかった選手ではありますが、まだまだ巻き返す機会はあるでしょう。

 

1 2

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする