紅白戦第3ラウンド~沖縄行きの切符を掴むのは?

最終更新日

続いて白組

田中俊太(4打数2安打)

今日も2安打で好調をキープ。

尚輝の状態が上がっていない今、セカンドレギュラーに最も近い存在と言えるかもしれません。

 

陽岱鋼(3打数0安打)

結果はまだ出ていませんが、実績組なので特に気にするような段階ではないでしょう。

 

丸佳浩(2打数1安打)

第1打席できれいな流し打ちを披露。

その後の打席で四球を選ぶなど、順調な調整ができていると思います。

 

増田大輝(1打数0安打)

昨日に引き続きセンターでの出場。

これはもう内野守備が上手いのは前提でどれだけのオプションが使えるかをテストされているんだと思います。

 

本和真(4打数0安打)

今日は何度か力負けをする場面が見られました。

それでも特にどうこう言う必要もないでしょう。

 

ゲレーロ(4打数1安打)

調整段階としては亀に負けている気もしますが、開幕に合わせてくれれば良いので特に心配はありません。

今日も内野安打とはいえ1本出たことで、気持ち的にも上がっていって欲しいです。

 

北村拓己(4打数2安打1本塁打1打点)

ここに来てのダークホースっていうね笑

元々ナカジがスタメン予定だったところに急遽入っての猛アピールです。

1打席目は右中間深くに運んで3塁を狙うもタッチアウト。個人的にはあの打球であれば3塁セーフになって欲しかったなという思いはありますが…

そして2打席目で左中間最深部へのホームラン。

外を狙った球がやや真ん中高めに来たところを、腕を伸ばして叩き込みました。

打った瞬間は「どうかな?」と思いましたが、想像以上に飛距離が出ました。元々長距離砲タイプではないので、それだけ力を付けてきた証拠だと思います。

大きなアピールにはなりましたが、沖縄行きはあくまで候補に挙がった程度だと思います。

去年の紅白戦でホームランを打った青山さんが1軍に上がったかと言われるとそうでもなかったりするので、どうなるかは分りません。

それでも、ほぼほぼ無かった1軍が見える位置まで来れたのは大きいと思います。

 

山本泰寛(3打数0安打)

バットはおとなしかったですが守備で魅せました。

1アウト2・3塁から痛烈なセンター返しを横っ跳び好捕でダブルプレー。抜けていたら試合が決まり、壊れかねない状況だっただけに、非常に価値のあるプレーになりました。その他の場面でも軽快な動きを見せ、内野のバックアップとして申し分ないアピールにはなったと思います。

 

小林誠司(2打数0安打)

今日は特にないですね。

2打席でどうこう言うのもアレですし。

 

田中貴也(2打数0安打)

湯浅の盗塁は刺したかったですね。

良いボールだったら充分アウトになり得た範囲だったと思います。

 

石川慎吾(3打数0安打)

今日もアピールはしきれませんでしたね。(9番・DHでは限界があるのは分りますが…)

紅白戦では初戦でホームランを放って以降、目立つ活躍は無かったと思います。

沖縄行きは微妙ではないかと思います。

 

1 2 3 4 5

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする