紅白戦第3ラウンド~沖縄行きの切符を掴むのは?

最終更新日

ここからは野手陣。紅組から。

重信慎之介(5打数0安打)

沖縄行きに当確を出すには1本欲しかったところですね。

それでもまぁ順当に行けば問題なく帯同できるでしょう。

 

亀井善行(4打数2安打)

この辺はさすがですね。

打った球も全て甘いというわけでもありませんでしたが、きっちり捉えてみせました。

守備でも山本の左中間の当たりを良いポジショニングでアウトにするなど、味のあるプレーを見せました。

 

坂本勇人(4打数3安打1打点)

すごいよね~

 

湯浅大(1打数0安打1盗塁)

ちょっと変則的な出場(守備→代走→守備)にはなりましたね。

それでも、無条件で盗塁アピールの機会を得られたという意味では、この出場の方が良かったのかもしれません。

代走で出て行って走るということは簡単なことではありませんが、今日は1つそれで結果を残しました。

 

ビヤヌエバ(3打数0安打)

今日はおとなしかったですね。

守備では途中からファーストに入りました。

今後もじっくり見守っていきたいです。

 

和田恋(4打数1安打1打点)

昨日に引き続きバットでアピールです。

力強い打球を反対方向に飛ばせるという持ち味はインパクトもあったと思います。

(エラーとゲッツー?気にしたら負けです)

 

立岡宗一郎(5打数2安打1打点)

しれっとなかなかのアピールをかましてきました。

1安打目のタイムリーは腕をきれいにたたんだヒットメーカーの打ち方でしたし、2本目も迷わず2ベースにするなど持ち味を発揮です。

そしてチームの4点目はほとんど1人で奪って見せました。特にショートゴロでの本塁突入のシーンでは走塁能力の高さをアピールしました。

これによって沖縄行きのメンバーも考え直さなければいけなくなったと思います。

 

松原聖弥(4打数1安打)

1安打は迷わず振り抜いてのライト線への長打。凡退した中でもきっちり進塁打を放って得点に結びつける打席もありました。

守備では連日のファインプレー。

昨日は後方の打球でしたが、今日は前方の打球に飛び込んでキャッチ。「守備が課題」というようなことが言われてはいますが、着実に成長はしてきていると思います。

 

炭谷銀仁朗(2打数0安打)

特にないっちゃ特にないですね。

リードの方もある程度投手陣の意向を汲んでいるので、どうこう言うまでもありません。

 

宇佐見真吾(1打数0安打1打点)

棚ぼた的な1打点は舞い込みましたが大きなアピールとはなりませんでした。

打席の場面は「絶対三振はするな。少なくとも前に飛ばせ」という状況で、奪三振能力の高い畠からきっちり打点を稼いだことは評価されるのではないかと思います。

それでも「物足りない」という印象だと思います。

 

吉川尚輝(2打数0安打)

打席の方はスイングを見ていてもまだまだこれからだと思います。

守備の方は割と軽快な動きです。

不安があるのであれば無理に沖縄に連れて行く必要はないと思いますがどうなるでしょうか?

 

吉川大幾(0打数0安打)

打席の機会ではきっちり四球を選びました。

スタメン予定がベンチスタートとなり、ある意味では1番悔しい思いをしたかもしれません。

沖縄行きは微妙なところでしょうね。

 

1 2 3 4 5

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする