紅白戦第2ラウンド~結局主役はあの男?

最終更新日

まず紅組から。

田中俊太

打つ方では2安打でアピール。1本目はゲレーロが捕りきれなかったツーベースですが、反対方向への強い打球で、思ったよりも伸びていったように思います。2本目はきれいなクリーンヒットでした。

守備の方ではグラブトスも披露しました。

 

亀井善行

調整はゆっくりでいいと思っていた人ですが、今の時点で充分に動けていますね。

2安打もさることながら、ノーアウト2塁でのセカンドゴロなど、状況を分かった上でのケースバッティングはさすがです。

守備の方でも後方の打球をしっかり抑えるなど、順調な仕上がりだと思います。

 

増田大輝

代走で出た後にセンターに入りましたね。

内野に回って誰かをファーストにして若林が外野かと思ったんですがそうじゃなかったですね。

ユーキュリティープレーヤーとして少しでも多くのポジションを守れることをアピールするのは大切なことですね。

 

丸佳浩

真面目に試合でのバッティングを見るのは初めてでした。

状況を分っているなと感じたのが、1本目のタイムリーです。1アウト3塁の前進守備局面では、犠牲フライ狙いでもいいですが、強い打球を叩けば、正面に行かない限りはヒットになります。今回どう思って打ったのかは知りませんが、結果的に内野手の間を強い打球で抜いてタイムリーになりました。

今後も要注目でいきたいと思います。

 

ビヤヌエバ

同じく真面目に見るのは初めてでした。

まだ特にどんな感想もありません。打撃も守備ももっと見ないことにはなんとも言えないです。

 

中島宏之

さすがにちゃんと見るのが初めてではないですが、最近は見ていなかったので実質初めてと言っていいでしょう。

スイングに関しては山本浩二さんが言っていたようにまだまだこれからだと思います。もっと鋭くてシャープなスイングに仕上がっていくと思います。

それでもちゃっかり結果を残す辺りは、スーパースターたる所以かもしれません。

 

若林晃弘

代走で出た後にファーストに入りましたね。

ユーキュリティープレーヤーとして(ry

打撃でアピールできたら良かったですね。ツボに入った時のパワーはなかなかだと思いますが。

 

山本泰寛

2安打でしっかりアピールです。

2本目のスリーベースは微妙な当たりだと思いましたが、弱めることなく一気に行ったのが良かったですね。

 

松原聖弥

犠牲フライの打球は意外と伸びましたね。

タイムリーも飛び出しました。

走塁面では盗塁はありませんでしたが、小林のレフト線で1塁からホームインするなど、持ち味のアピールもできていたと思います。

あと何よりも守備でファインプレーがありました。

あれが抜けると抜けないとで試合の勝敗にまで関わりかねませんでした。チームとしてはホームランで反撃された悪い流れの中でのプレーなので、非常に大きかったです。

 

小林誠司

レフト線の先制2塁打で大きなアピール。

基本的に迷いなくどんどんいけるときは小林の良いときです。そういう意味ではチャンスでのサードゴロが勿体なかったですね。チャンスボールをファールにして、ボールゾーンの変化球に手が出る悪いパターンでした。

いずれにせよ、今後も正捕手争いが続いていくものと思います。

 

大城卓三

目立ちたかったな~

 

立岡宗一郎

1打席目も結局は岱鋼に持って行かれましたし、その後は空気になってしまいました。

明日またチャンスあるかな?

 

1 2 3 4

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする