紅白戦第2ラウンド~結局主役はあの男?

最終更新日

まずは投手陣から。

先発はローテーションを争う信貴と高橋優貴。初回は両者無失点で立ち上がりましたが、2回に失点。高橋優貴は3回1失点でまずまずのアピールとなりましたが、信貴は3回6失点の炎上となってしまいました。

 

高橋優貴に関しては、チェンジアップ(スクリュー)がかなり面白い球種になると感じました。

バッターがチェンジアップに対して前に出されていました。これを意識させたところにストレートをズドーンと投げ込んだりできれば、今後の対外試合でも充分に通用すると思います。

入団前はコントロールが課題というようなことを言われていましたが、少なくとも今日はそこまで大きな問題になるレベルではなかったように思います。確かに四球は2つ出しましたが、あの程度の荒れ方であれば許容範囲内です。もしかしたら今日がめちゃくちゃ調子よかっただけの可能性もあるので、この辺のところは今後もじっくり見ながら判断していけば良いと思います。

信貴のに関しては、全体的に高め甘めの悪い投球になってしまいました。特に変化球が今一低めにいっていなかったですね。初実戦+自分で配球なのでいつもと勝手は違ったのはあるかもしれません。

信貴に限らずですが、これがもし捕手の配球で投げていたらどんなスコアになったかという点は興味深いものがありますね。

 

リリーフ陣で明確にアピールできたのは両チーム2番手の鍬原と田原でしょう。

鍬原に関しては投手陣の中で唯一複数の三振を奪うなど、奪三振能力の高さを見せつけました。コントロールは今ひとつでしたが、クローザーを目指す上で大切なのは「四球を出さないこと」ではなく、「打たれない(点を取られない)こと」です。

甘い球を投げるくらいなら四球でも良いと割り切る。甘くいっても球威でねじ伏せる。そういった投球は、今日はできていたと思います。

 

続いて田原誠次。

普段はあまりイニング跨ぎはしませんが、今日は2イニングの登板となりました。

他に森福が2イニングで、長い回を投げられる大竹やぐーにーが1イニングだけだったので、意図的にこの2人には2イニングを投げさせたのかもしれません。

で、田原は先頭のゲレーロに四球を出しましたが、これは田原の制球というよりは、ゲレーロがしっかり見極めた上での四球だと思うので問題ないでしょう。

その後の打者に関しては、恐ろしいほど簡単に料理してみせました。

この試合を元に沖縄行きのメンバーを決めるのであれば、田原は現在2軍でも一気に有力選手になったと言えるでしょう。(呼ばれなくても結局シーズンで投げることにはなると思いますが…)

 

後のピッチャーは仲良く(?)どこかしらで失点をしているので特別大きなアピールとはならなかったでしょう。ただし、先ほど書いたとおり、この試合は投手主導で配球を組み立てていました。そのため、首脳陣は結果以外のところも見ている可能性がありますが、ここから先は完全に推論になるのでここでは止めておきます。

 

次のページで野手陣の総評。ピックアップするのもアレなので全員分簡単にいきます。

 

1 2 3 4

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする