2019年開幕スタメン構想(暫定版)

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

この辺もキャンプイン前には一回やっておきたかったことではあるんですよね。

ただ、今の段階で書いている内容は開幕直前には相当的外れなことになっている可能性があります。あらかじめご了承下さい。

 

とりあえずまず結論から書きます。一応開幕スタメンということにしておいて下さい。

1 (遊) 坂本勇人

2 (中) 丸 佳浩

3 (二) 吉川 尚輝

4 (三) 岡本 和真

5 (一) ビヤヌエバ

6 (左) ゲレーロ

7 (右) 陽 岱鋼

8 (捕) 炭谷 銀仁朗

9 (投) 菅野 智之

 

Twitterとかで色んな予想は目にしていましたが、これと全く同じは見ていないです。

ひとまずここで信じて頂きたいのは、2番・丸は獲得した段階から決めていたということです。

まさか原さんが1月1日に言っちゃうとは思わなかったんですよ。だから今これを書いても完全に後出しで乗っかってるだけに見えちゃうのが悔しいところですね。それでもまぁ他の部分で差別化できていないわけではないと思うので、一人ずつ見ていきたいと思います。

 

1(遊)坂本 勇人

去年思ったよりはまったのが一番大きい部分ですね。

1番は好きじゃないみたいな本人の発言があったりなかったりするんですが、1番打てる選手に1番打席を回すのはチーム戦略としても当然だと思います。

もし丸を2番に置かないのであれば、勇人は3番になります。

これ以降の話は丸のところでした方が良いと思うので、一旦切り上げます。

ここからは、私がオーダー組むときに坂本勇人という選手を置きたい打順について話したいと思います。

優先度をざっくり表すと、

1=3>>6>>7>4>8>9>>5>>2

になります。

基本的にはよっぽど1番か3番です。タイプ的にも適正的にもこれ以外に置こうとする人の方が珍しいとは思いますが。

次いでまだ妥協できるのが6番。この上位とも下位とも言えない微妙なところにどっしり座っているのであればまだ分かります。

途中飛ばして、あり得ないのは5番と2番です。このどちらかに名前があると本当に気持ち悪くなってきます。何故かは分からないんですけど、絶対に機能しない気がするんですよね。特に2番に置いたときには。

実際に2番だった時には2015年のプレミア12がありますが、その時にも小久保さんお願いだから早く止めてくれと思っていました。近年も2番を打った試合がありますが、まともには機能していなかったはずです。

この辺の理由から、私は絶対に坂本勇人を2番には置かないです。

 

1 2 3

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする