練習試合vs中日~戸郷翔征が変化球で相手を翻弄!(2020.0325)



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合|次の試合>

2020年3月25日練習試合vs中日(ナゴヤドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1



名前
重信慎之介 4 1 0 0
H 小林誠司 1 1 1 0
藤岡貴裕 0 0 0 0
吉川大幾 4 1 0 0
パーラ 3 2 0 0
R 98 松原聖弥 1 0 0 0
岡本和真 3 0 0 0
56 山本泰寛 1 0 0 0
D 中島宏之 3 0 0 0
H D3 大城卓三 1 0 0 0
陽岱鋼 3 2 0 0
R 石川慎吾 1 1 0 0
R 湯浅大 0 0 0 0
田中俊太 2 0 0 1
北村拓己 3 1 1 1
炭谷銀仁朗 3 0 0 1
名前
戸郷翔征 4 1 7 0 0 0
與那原大剛 4 1 2 0 1 1
藤岡貴裕 1 0 0 0 0 0

(情報の正確性は保証しません)

試合総括

中断前最後の練習試合となったこの日。巨人は戸郷が先発すると、4イニングをわずか1安打で7奪三振無失点。変化球でタイミングを外す投球で、相手を翻弄しました。

2番手で後を受けたのは與那原。1軍再合流のこの日は、ロングリリーフとして4イニングを1失点。制球には苦しみましたが、何だかんだで四死球0のピッチングでした。

打線は主力のパーラと陽岱鋼がマルチヒットで順調調整。7回に北村のタイムリーで先制すると、9回は代打の小林のタイムリーで勝ち越しました。

ということで、この試合の模様をイニングごとに振り返っていきたいと思います(注:試合とほぼ同時進行で書いています)。



1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする