練習試合vs横浜~今村信貴5回シャットアウトでローテ争い猛追!(2020.0321)

最終更新日



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合次の試合

2020年3月21日練習試合vs横浜(東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 1 6 0 1 8

本塁打:大城卓三(6回ソロ)

名前
北村拓己 2 0 0 0
H 吉川尚輝 3 1 1 0
坂本勇人 3 0 1 1
R 吉川大幾 1 1 1 0
丸佳浩 2 1 0 1
R 重信慎之介 1 0 1 1
岡本和真 4 1 3 0
山本泰寛 0 0 0 0
パーラ 2 1 0 1
R 松原聖弥 1 1 0 0
中島宏之 2 0 0 0
H 田中俊太 2 0 0 0
亀井善行 3 1 0 0
石川慎吾 1 0 0 0
炭谷銀仁朗 0 0 0 0
D 陽岱鋼 3 1 0 1
大城卓三 3 1 1 0
湯浅大 1 1 0 0



名前
サンチェス 3 4 2 0 0 0
今村信貴 5 2 3 1 0 0
中川皓太 1 1 1 0 0 0

(情報の正確性は保証しません)

試合総括

巨人はサンチェスが2週間ぶりの登板。

オープン戦では無失点で抑えた試合がありませんでしたが、この試合では3イニングを無失点。毎回ヒットを打たれる投球にはなりましたが、要所を締めて四死球0にまとめました。

その後を受けた今村信貴は、久しぶりの1軍登板で5回を2安打無失点。この上ない完璧な投球で、開幕ローテへ大きなアピールとなりました。

そして9回には、中川皓太が1ヶ月ぶりのマウンド。間隔が空いて心配もされていましたが、その不安を感じさせない投球で1イニングを投げ抜きました。

打線では大城が先制となるソロホームラン。途中出場の吉川尚輝がタイムリーを放つと、岡本には3点タイムリーが生まれるなど、久しぶりに活発化した試合となりました。

ということで、この試合の模様をイニングごとに振り返っていきましょう(注:試合とほぼ同時進行で書いています)。



1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする