オープン戦vs楽天~鍬原拓也6回途中9Kで開幕ローテ名乗り!(2020.0314)

最終更新日



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合次の試合

2020年3月14日オープン戦vs楽天(東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 0 0 2 0 1 0 3
0 1 0 2 0 0 0 0 0 3

本塁打:中島宏之4号(2回ソロ)大城卓三2号(4回2ラン)



名前
湯浅大 4 0 0 0 .364 1
松原聖弥 3 0 0 0 .143 0
H 吉川大幾 1 1 0 0 .200 0
北村拓己 3 1 0 0 .333 0
パーラ 3 0 0 0 .259 0
若林晃弘 1 0 0 0 .083 0
D 中島宏之 2 1 1 2 .343
大城卓三 3 1 2 1 .205
石川慎吾 4 0 0 0 .143 0
吉川尚輝 2 0 0 0 .159 1
ウレーニャ 1 0 0 0 .000 0
澤村拓一 0 0 0 0 0
山本泰寛 3 0 0 0 .105 0
名前 防率
鍬原拓也 5.2 3 9 2 2 2 2.79
田原誠次 0.1 1 0 1 0 0 0.00
ビエイラ 1 0 2 0 0 0 3.60
高木京介 1 2 2 0 1 1 5.06
澤村拓一 1 0 2 1 0 0 6.00

(情報の正確性は保証しません)

試合総括

巨人は従来の流れから外れて鍬原が先発登板。前回の阪神戦の好投を経て、先発のチャンスをもらいました。

その鍬原は、6回途中2失点の快投。ストレートに力があり、変化球でも空振りが取れて、9つの三振を奪いました。

投手陣はその他ビエイラが1イニングをパーフェクト。この日も三振2つを奪う投球で、開幕の外国人枠に入ることも濃厚になってきました。

打線では2回に中島宏之、4回には大城卓三にホームランが飛び出して3得点。いずれも文句なしの素晴らしいホームランでした。

ということで、この試合の模様をイニングごとに振り返っていきたいと思います(注:試合とほぼ同時進行で書いています)。



1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする