オープン戦vs楽天~岡本和真衝撃の一撃でオープン戦第3号!(2020.0313)

最終更新日



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合次の試合

2020年3月13日オープン戦vs楽天(東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 0 0 0 1 2 0 3
0 0 0 1 0 1 0 0 0 2

本塁打:岡本和真3号(4回ソロ)



名前
松原聖弥 4 1 0 0 .250 0
坂本勇人 2 0 0 0 .250 0
64 吉川尚輝 2 1 0 0 .167 1
D 丸佳浩 2 0 0 0 .333 2
H D 炭谷銀仁朗 1 0 0 1 .133 0
R D 吉川大幾 0 0 0 0 .000 0
岡本和真 2 1 1 0 .390
53 北村拓己 2 0 0 0 .333 0
パーラ 3 1 1 0 .292 0
R 若林晃弘 1 0 0 0 .087 0
中島宏之 3 0 0 0 .333 3
ウレーニャ 1 0 0 0 .000 0
亀井善行 2 0 0 0 .208 1
石川慎吾 2 0 0 0 .167 0
湯浅大 4 1 0 0 .444 1
大城卓三 2 1 0 0 .194 1
小林誠司 2 1 0 0 .333 0
名前 防率
菅野智之 3 1 1 1 0 0 1.59
藤岡貴裕 3 2 2 2 0 0 0.00
古川侑利 2 4 2 2 3 2 4.50
髙田萌生 1 0 1 1 0 0 3.86

(情報の正確性は保証しません)

試合総括

本来の開幕1週間前だったこの日は、菅野がオープン戦最後の調整登板。3イニングをピシャリと0で抑えて、来たるべき日に備えました。

2番手で後を受けたのが、巨人での1軍初登板となった藤岡。制球面での不安はみられましたが、自身やバックの守備もあって3イニングを無失点。さらに9回には髙田萌生が最速153km/hを記録して無失点で抑えました。

打線は4番の岡本が2試合連続となるオープン戦第3号ホームラン。文句なしの一撃で状態の良さを示すと、5番のパーラにもタイムリー。この日スタメン起用の松原聖弥と湯浅大にも安打が飛び出しました。

ということで、この試合の模様をイニングごとに振り返っていきたいと思います。



1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする