紅白戦(第4R)~陽岱鋼今季チーム第1号!(2020.0213)

最終更新日



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合|次の試合

2020年2月13日 紅白戦第4回戦(サンマリンスタジアム)

1 2 3 4 5 6 R
1軍 0 0 1 3 3 0 7
2・3軍 0 0 0 0 1 0 1

本塁打:陽岱鋼(5回2ラン)

 

<1軍>

名前
D 亀井善行 2 0 0 0
H D 中島宏之 2 1 0 0
若林晃弘 2 1 0 0
吉川尚輝 2 2 0 0
丸佳浩 2 2 0 0
R 山本泰寛 1 1 1 1
岡本和真 1 1 0 1
陽岱鋼 2 1 2 0
大城卓三 2 0 0 1
モタ 2 0 1 0
石川慎吾 2 1 0 1
増田大輝 0 0 0 2
湯浅大 1 0 0 0
岸田行倫 0 0 2 0
小林誠司 1 0 0 0
名前
畠世周 2 0 1 0 0 0
鍬原拓也 2 1 0 0 0 0
髙田萌生 1 2 0 0 1 1
與那原大剛 1 0 1 0 0 0



<ファーム>

名前
松原聖弥 2 0 0 0
荒井颯太 1 0 0 0
重信慎之介 2 0 0 0
八百板卓丸 1 0 0 0
田中俊太 2 0 0 0
比嘉賢伸 0 0 0 0
北村拓己 2 0 0 0
折下光輝 0 0 0 0
D 加藤壮太 2 0 0 0
黒田響生 2 1 0 0
ウレーニャ 0 0 0 0
増田陸 2 2 1 0
加藤脩平 2 0 0 0
小山翔平 1 0 0 0
広畑塁 1 0 0 0
名前
横川凱 2 3 0 0 0 0
ラモス 1 1 0 1 1 1
直江大輔 0.1 1 0 4 3 3
山川知大 0.2 0 0 0 0 0
高井俊 1 3 1 0 3 3
堀岡隼人 1 2 0 1 0 0

(情報の正確性は保証しません。また、紅白戦特別ルールが適用されています。)

試合総括

急遽開催が決まった1軍とファームの紅白戦は、7-1で1軍が制しました。

1軍で先発した畠は、3失点した前回登板とは打って変わって2回をパーフェクト。相手を全く寄せ付けませんでした。

2番手で登板した鍬原も、2イニングでヒットを1本打たれただけで無失点のナイスピッチ。打たせて取る新たなスタイルをアピールしました。

打撃陣では途中出場の陽岱鋼が今季チーム第1号となる2ランホームラン。同じく途中出場の吉川尚輝もマルチヒットを記録。初実戦となった丸も貫禄の2安打で、順調な調整を示してくれました。

ファームで目立ったのは7番ショートでスタメンの増田陸。1打席目でヒットを放つと、第2打席では右中間を破るタイムリーツーベース。守備でも好プレーを魅せ、存在感が光りました。

ということで、次のページからはこの試合の模様を詳細に振り返っていきたいと思います。

(注:試合とほぼ同時進行で書いています。また、投手視点だったり打者視点だったりするのはご了承ください。)



1 2 3

コメントを残す

コメントする