紅白戦(第3R)~高橋優貴無失点投球で上々調整OK!(2020.0209)

最終更新日



→初めての方はこちら

→【大切なお知らせ】はこちら

前の試合|次の試合

2020年2月9日 紅白戦第3回戦(サンマリンスタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 R
0 0 3 0 1 0 0 4
0 0 0 0 2 0 0 2

 

<紅組>

名前
重信慎之介 3 1 0 1
吉川大幾 3 0 0 1
石川慎吾 4 2 2 0
D 大城卓三 4 3 1 0
陽岱鋼 3 0 0 0
松原聖弥 1 0 0 0
黒田響生 2 0 0 0
ウレーニャ 2 1 0 0
加藤脩平 3 0 0 0
田中俊太 3 2 0 0
D 松原聖弥 2 1 1 0
岸田行倫 1 1 0 0
名前
戸郷翔征 2 3 1 0 0 0
古川侑利 2 0 0 0 0 0
田中優大 1 3 0 1 2 2
大江竜聖 1 0 0 0 0 0
巽大介 1 0 0 0 0 0



<白組>

名前
吉川尚輝 3 0 0 0
46 増田大輝 3 1 0 0
モタ 3 0 0 0
岡本和真 2 0 0 0
湯浅大 1 0 0 0
中島宏之 1 1 0 1
R 八百板卓丸 1 0 0 0
若林晃弘 3 1 0 0
D 小林誠司 3 1 0 0
山本泰寛 2 1 1 0
D 北村拓己 1 0 0 0
田中貴也 1 1 1 0
名前
高橋優貴 2 1 1 0 0 0
ディプラン 1 3 0 1 3 3
髙田萌生 1 1 1 0 0 0
與那原大剛 1 3 0 0 1 1
鍵谷陽平 1 2 0 1 0 0
沼田翔平 1 1 1 0 0 0

(情報の正確性は保証しません。また、紅白戦特別ルールが適用されています。)

試合総括

2日続けての紅白戦となったこの日。投手陣では、その6日前に行われていた試合に登板した投手の2度目の登板機会が中心となりました。

まずはその試合で先発した高橋優貴が2回を無失点。細かいことは本文で書いてますが、かなりよかったです。個人的にはその他大江竜聖、巽大介は印象に残る投球をみせてくれました。

打撃陣では石川慎吾と大城卓三が好調をキープ。松原や田中貴也も連日のアピールとなり、ディプランとウレーニャの育成新外国人2人も実戦デビューを果たしました。

ということで、この試合の模様をイニング毎に振り返っていきましょう。

(注:試合とほぼ同時進行で書いています。また、投手目線だったり打者目線だったりするのはご了承ください。)



1 2 3 4

コメントを残す

コメントする