【巨人ファン視点】横浜vs阪神2019CS1stステージ第3戦振り返り

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら

ステージ展望↓↓↓

【巨人視点】2019年セ・リーグCS1stステージ展望

2019年10月7日横浜vs阪神(横浜スタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 0 0 1 0 1 0 2
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1




やっほーおはあんず~

今日はクライマックスシリーズファーストステージ第3戦が行われました。

巨人としてはどちらが来ても似たようなものだったんですが、両チームのスタイルが180°違うのでやはり重要な要素となります。

ということで、早速試合を見ていきましょう。

第1戦の模様はこちら

第2戦の模様はこちら

 

まずは両チームのメンバーから。

先発は横浜が平良で阪神が高橋遙人。阪神の方は予想通りですが、横浜は上茶谷を温存して平良なんですね。

今日は両チームとも継投前提で勝ち抜こうというのが見て取れますね。第3戦なので後先考えてられないですし。

スタメンは横浜は昨日からほぼ変更無し。キャッチャーが伊藤光になっただけです。

一方阪神は右ピッチャーがスタメンということもあって、高山が6番ライトでスタメン。また、前日まで当たりのなかった大山をベンチに置いて、木浪を8番でショート。サードは北條を回して、5番は糸原を上げてきました。

ということで、時系列順に試合を振り返っていきましょう。



まず序盤5回までは両チーム無得点。ガンガン試合が動いていた過去5試合とは正反対の出足となりました。

そんな中でも、阪神はチャンスを作るけど点が取れない、横浜はそもそもチャンスが作れないといった前半戦でしたね。

ということで振り返るのは阪神の攻撃になるんですが、まずは2回に先頭の糸原が出塁しました。

この回はここから高山と梅野の打席でエンドランを仕掛け続けましたが、前に飛ばずに2アウトになってしまいました。

この打順だと素直に送ってもチャンスでピッチャーになってしまうので、出来れば1・3塁の形を作って勝負したかったんでしょうね。ただその結果進めることすら出来なくて、かつ8番の木浪がヒットを打っちゃったこともあって、今一噛み合わない攻撃になっていました。

 

3回は先頭の近本がエラーで出塁。今度は好調の北條でしたが、ここでは素直に初球で送りバントでした。

まぁ正直打たせる価値も走らせる価値もあったとは思いますが、この辺りから雨が強くなってきちゃって、ひとまず5回までに1点取っておかないとまずい展開になっていたんですよね。

だから一旦バントで2塁に進めて、外野が前進しない中で中軸にヒットを打って貰って1点を取りに行きたかったんだと思います。

ただ今日は平良の前に福留もマルテも全く合っていなくて、連続三振でチャンスを生かせませんでした。

 

4回も先頭の糸原が出塁する展開。

2回と同じように高山の打席でエンドランを仕掛け続けましたが、ここもはまらずに失敗。さらに梅野も倒れて2アウトになったところで木浪がヒットという、ついさっきどこかで見たことあるような攻撃が展開されていました。

で、ピッチャーの高橋遙人に回ったところで、まだ4回ながら代打で鳥谷をコール。高橋遙人は別に悪くなかったんですが、ここで降ろしたとしてもそれはそれで次のステージで早めに投げられるor万全で投げられるからOKってことでしょう。

ただ思うのは、ここで代打出して勝負する準備があるなら、なんでランナー進めなかったんだろうな?ってことなんですよね。

前の2回はピッチャーが打席にいくので送れないのは分かるんですが、ピッチャーを代える気があったこの回に前の打席で失敗し続けた戦法を試す価値って何なんだろうな?ってのはどうしても思います。

で、これを受けて横浜もピッチャー交代。初戦で4回を投げている石田を中1日で持ってきました。

ここで石田が耐えきって、この回も阪神は無得点。石田もこの回で降板して、両チーム継投に入っていきました。



1 2

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする