【巨人ファン視点】横浜vs阪神2019CS1stステージ第1戦振り返り

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら

シリーズ展望↓↓↓

【巨人視点】2019年セ・リーグCS1stステージ展望

2019年10月5日横浜vs阪神(横浜スタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
0 0 0 1 0 0 4 3 0 8
3 0 0 0 4 0 0 0 0 7



やっほーおはあんず~

ということで早速今日行われたクライマックスシリーズファーストステージ第1戦の模様を振り返っていきましょう。

まず何と言っても注目は横浜の先発。大方の予想を裏切って、今季中継ぎ起用の多かった石田を先発に、エースの今永はブルペン待機という手を打ってきました。

細かいところは分かりませんが、多分これが一番阪神打線を抑える可能性が高い選択だったんだと思います。

「奇襲」って意味では、予告先発がある上に今永と似たようなタイプで対戦も多い石田なので、予想はしていなくてもそこまで慌てる必要はありません。単純に相性的にこれが一番なんでしょう。

 

試合を時系列的に観ていくと、まずは初回の阪神の攻撃。

ここは先頭の近本がヒットで出て、そこから2番の北條が送りバントをしていきました。これは当然「そうなっちゃうだろうな~」って采配ですよね。

3試合しかないシリーズということは、初回の先頭バッターが出てくれる試合はこれが最初で最後の可能性が高いです。

ということはすなわち、「初回に理想的な攻撃をして一気に流れを引き寄せる」という展開に持ち込めるのは今日が最後かも知れないということになります。

であるならばここはバントして然るべきということになりますね。

ただ後続は続かないで無得点でした。個人的にはなんで大山の最後のボールが外の真っ直ぐなのか理解できませんが。



で、裏の横浜も同じように先頭出塁。

ここはメンバー的に打つしかなくて、ソトがヒット。からの筒香3ランで3点を先制しました。これは組んだ打順が綺麗にはまってましたね。

問題なのは阪神先発の西なんですよね。阪神サイドとしては、初回のこの展開は想定できるとしてもしてなかったと思います。「西ならこうはならないだろう」ってことで出してるはずなんで。

筒香のホームランしてもバッテリー主導で追い込んで低めの変化球なので間違ってはないはずなんですが、どうも力がないというかあっさり打たれたなって感じでした。

で、横浜がここで止まらずにロペスと宮崎が連打。

さらにこの宮崎の打球が西を直撃して、そのまま交代を余儀なくされました。

 

言い方悪いですけど、これ阪神サイドからしたらはっきり当たってくれてラッキーだったかも知れないですね。これで交代が即断出来ました。

そもそも初回よーいどんからの5連打は普通じゃありません。それでも初戦でそれなりに安定感のある先発でここから下位打線ということを考えると、当たってなければ多分そのまま続投だったと思われます。

ただそれだと、試合の方が終わる可能性がありました。明らかに調子が悪いピッチャーを迷わず代えるポイントが出来たという意味では、阪神にとっては追い風だったんじゃないでしょうか?

これによって西が大丈夫なら東京ドームの初戦とかも出来ますからね。




で、代わったピッチャーが守屋。

ノーアウト1・2塁でバッター伊藤光といったところでしたが、横浜はヒッティング。これはピッチャー8番に置いてる都合上、ここで送っても1アウト満塁のピッチャーにされて身動き取れなくなる可能性が高いんですよね。

だから打つしかないってことで、打っていって1アウト。この打線だとここまで来れば楽で、後続も打ち取ってなんとか試合の崩壊は阻止しました。

1 2 3

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする