寺内崇幸さんがBCリーグ栃木の監督に就任!

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

報道はもうちょっと前からあったんですけど、先日正式に発表されましたね。

本当はこれ水曜日に出す予定だったんですけど、いろいろあって今日まで延びました。

 

ということで、今年現役を引退した寺内崇幸さんが、BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの監督に就任しました!

地元の独立の球団で監督をやるっていうのはどういう感覚なんでしょうね?しかも今回の場合、プロ野球を引退後即監督就任なので、いわゆるコーチとしての修業期間がありません。その辺もどうなってくるのかな?ってところも含めて、お話ししたいと思います。

 

今までの傾向だったら、ここから寺内さんの現役時代の話をしたりするんですけど、それについてはすでに私は語ってしまっているので(その記事はこちら)、今回は省略します。

 

で、その記事内で触れてなかったのが、寺内さんの今後の進路なんですよ。

同じシリーズの他の引退選手の今後については、それを書く段階で分かっていたり、実際に投稿する前に明らかになって追記したり…ってことで対応していたんですけど、寺内さんだけ最後まで分からなかったんですよね。

普通に考えたら球団が何かしらのポストを用意して将来の指導者に…って感じかな?って引退したときは思ったんです。でも報道によると「球団からポストの提示はなく」みたいな感じだったんで「あれ?」って思ったんですけど、これもしかしたら結構前から決まってたのかもしれませんね。

なんでわざわざ発表をここまで遅らせたのかは定かではありませんが、栃木のほうの前監督退任の発表が割と最近だったので、あるとすればその辺の契約の問題かな?って感じですね。

いずれにしてもここ最近で一番気になっていたことといっても過言ではないので、正式決定して一安心です。

 

でまぁ、栃木と言ったら触れないわけにはいかないでしょうから触れますが、元巨人の村田修一さん(来季からファームコーチ)も今年在籍して話題になりました。

最近の独立リーグ(特にBCリーグ)は、プロになりたい若者だけが集まるのではなく、プロ野球を経験して、もう一度復帰したい選手への受け皿となることも増えてきました。これがいいことなのかどうかは分かりませんが、若い選手がプロの技術を吸収することも期待しているんでしょうね。あと少なからずの話題集めや収入増加を図っているようにも思えます。

今日はあまり独立リーグに関して深い話をするつもりはないので簡単に切り上げますが、今回の寺内さんの監督就任が栃木の皆さんにとっても有益なものになることを祈っています。

 

で、冒頭で言ったんですけど、寺内さんってコーチ(指導者)経験なしでいきなりの監督就任なんですよね。

巨人としては将来の「内野守備走塁コーチ」や「2軍監督」として見ているんじゃないかな?って勝手に思ってたんで、まずはスカウトやアカデミーのコーチからって感じで始めて、独立に監督として行くとしてもその後じゃないかなって感じだったので、いきなりは驚かされました。

あくまでこれは巨人が寺内さんを将来の幹部候補として見ている、という前提での話なので、そうじゃなかったら根本的に崩壊するんですが、だとすればいきなり監督をやらせに出した(球団からのポスト提示がないため)のには何らかの意図があるんじゃないか?と勘ぐってしまいます。

 

1 2

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする