オールスター&フレッシュオールスター2019・巨人選手まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら



みなさんおはあんず~

世間では木曜日にフレッシュオールスター。金曜日土曜日にはオールスターゲームが行われていました。

そこには何人かの巨人選手も参加していたので、今日はそのまとめをしていきたいと思います。(いつもみたいなのは期待しないように)

 

2019年7月11日 フレッシュオールスターゲーム(仙台)

山下航汰

3番レフトで出場。

第3打席でヒットを放つなど、チームの全打点を叩き出す大暴れ。

 

岸田行倫

途中から代打で出場。

そのままマスクを被ると、それまで5失点の投手陣を完全に立て直し、以降は無失点。キャッチャーとしての能力の高さを見せつけた。

打席では2打席目に素晴らしいアシストスイングも披露した。

 

戸郷翔征

この試合最も話題をさらった選手。

8回からリリーフのマウンドに上がると、ストレートは最速153km/hを記録。

1イニングを投げて2奪三振無失点のパーフェクトピッチングだった。



2019年7月12日 オールスターゲーム第1戦(東京ドーム)

坂本勇人

2番ショートで出場。守備では人間離れしたスーパープレーを披露すると、打席では何打席目かにヒットを放ちお役御免。

スター選手たる所以を示した。

 

丸佳浩

3番センターで出場。守備では飛んできた打球全てを完璧な動きでアウトにしてみせた。

打っては2安打を放つ大活躍で、存在感を示した。

 

岡本和真

6番サードで出場。守備で飛んできたかは記憶にないが、確かにそこにいた。

打席では両軍通じて最強の風格を醸し出していた。

 

山口俊

5回からリリーフで登板。

力感のないフォームから繰り出される圧倒的な球威で、相手打線をねじ伏せた。

この日登板した投手の中では間違いなく最高レベルの完成度だった。



2019年7月13日 オールスターゲーム第2戦(甲子園

菅野智之

中4日で豪雨という厳しいコンディションの中、先発のマウンドへ。

見るからに力の入りきっていないストレートしか行っていなかったものの、相手打者を圧倒。

2イニングを投げて無失点の投球で、最優秀選手に輝いた(と思われる)。

 

丸佳浩

途中から出場。

センターにしっかり陣取ると、打席でもだれてきていた試合のスピードアップに貢献した。

 

坂本勇人

途中で代打で出場。

その限られた1打席の中で、ヒットという最高の結果を残した。更に後続の打球で1塁から一気に本塁を陥れるなど、切れることのない高い集中力を発揮した。

 

岡本和真

途中から代打で出場。

ファーストスイングできっちり捉え、今日一の力強い打球を豪快に運んでいった。

 

今年は例年以上に真剣にオールスターを見た気がしますね。

そもそも中継をつけることがない年もある中で、常にテレビに映し続けていたという事実は賞賛されるべきことだと思っています。

明日からはシーズン後半戦が始まります。今週は雨模様の心配もありますが、気持ちを新たに残された試合をこなしてもらえたらと思います。

それではまた明日。おつあんず~


にほんブログ村


コメントを残す

コメントする