2019年7月3週・読売巨人軍先週の結果&今週の予定

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら

→7月1・2週はこちら

先週の結果

カード 結果 MVP 球場
7/2 vs中日 6-0 菅野智之 東京D
7/3 vs中日 7-6 亀井善行
7/4 vs中日 5-3 坂本勇人
7/5 vs横浜 8-4 山口俊
7/6 vs横浜 4-3 メルセデス
7/7 vs横浜 中止
7/8 vs阪神 4-3 大城卓三 甲子園
7/9 vs阪神 1-0 桜井俊貴
7/10 vs阪神 4-1 今村信貴 

(日付選択で試合予想、結果で試合レビュー、カード・MVPでタグ記事に飛べます)


みなさんおはあんず~

昨日で怒濤の9連戦が終了し、この間巨人は8勝1中止と大きく星を伸ばすことに成功しました。

まずは初戦。エースの菅野が先陣を切ると、そのまま9回完封勝利。この後ゲームの試合展開を考えると、この試合で菅野が中継ぎ陣を温存させてくれたということに大きな意味がありました。

前日の完勝から一転。3日の試合は、逆転に次ぐ逆転の激しいシーソーゲームとなりました。

この日は先発の桜井を早期に諦め、序盤からリリーフ勝負に。1点リードのまま9回に突入したものの、皓太が痛恨の被弾で同点に。しかしその裏、若林と増田大輝の活躍でサヨナラに成功しました。

4日は2回に勇人に満塁ホームランが飛び出して勢いづくと、6回には小林にもホームランが出て加勢。投手陣は信貴が試合を作り、終盤は投手リレーで逃げ切りました。

 

5日からは横浜戦。5日は先発の山口俊が2回に先制2ランを浴びる苦しい立ち上がりになったものの、5回に若林のホームランで同点に。ここから今永にたたみかかり、6回には丸に3ランが飛び出して勝負あり。結局山口俊は8回まで2失点に抑えて9勝目。9回は鍵谷が移籍後初登板を果たしました。

6日は岡本が今シーズン初めてスタメンを外れ、慎之助が4番ファーストでスタメン出場。その慎之助が2得点に絡む活躍を見せるなどして試合を優位に進めると、先発のメルCは7回を零封。8回9回に中継ぎ陣がホームラン3発を浴びる猛攻にあったもののなんとか踏ん張って、7連勝となりました。

 

7日の試合は中止になって甲子園に移動すると、8日は菅野と西が今シーズン初対戦。

両チーム決め手に欠く展開の中、8回1アウトから増田大輝が代走で登場。牽制悪送球で2塁に進むと、直後の投球で3盗に成功。岱鋼のタイムリーで、決勝のホームを踏みました。

9日は桜井とガルシアの壮絶な投手戦に。お互いチャンスがほとんどない展開の中、8回に再び増田大輝が代走で2塁へ。バントで3塁に進むと、代打・ナカジの内野ゴロで2夜連続で決勝のホームを踏みました。またこの試合、9回2アウトからリリーフした田口がプロ初セーブをマークしました。

9連戦の締めくくりとなった10日は信貴が先発。序盤に打線の援護を受けると、そのまま順調に飛ばして6回途中まで1失点。後を受けたリリーフ陣は無失点で繋ぎ、今シーズン3度目の阪神戦同一カード3連勝を達成しました。

 

また、この連戦中に2つの大きなニュースが。

まずは育成契約だった山下航汰が、高卒1年目にして支配下登録になりました!

個人的にはこれは「異例」の対応だと思うんですが、詳しいことは近いうちにまとめて書きたいと思います。(18日更新説が有力です)

もう一つが、和田恋と古川侑利のトレード発表。

これに関してはこっちのブログでは完全にスルーしていましたが、ちゃんと書いてあるので明日出します。

次のページでは今週の予定を見ていきましょう。



1 2

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする