巨人の新外国人選手ルビー・デラロサとは?

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら



みなさんおはあんず~

交流戦ブレイク真っ只中の今日は、今週から新たに巨人軍の一員となる、ルビー・デラロサ投手について、まとめていきたいと思います。

 

デラロサとだけ言っちゃうとね。どうしても中日にいたデラロサのほうが浮かんじゃうんですけど、みなさん覚えてますか?私がこっち(岐阜)の人間だからかもしれないですが、なんか知らないけど名前だけはすごく覚えていたんですよね。

当然そのデラロサとは別人ということで、まずはスペックから見ていきましょう。

 

97ルビー・デラロサ 183cm/95kg 右/右

身長183㎝ってことはそこまで角度があるとかいった感じではないんでしょうね。巨人がアメリカから連れてくる外国人の中では、小柄な部類に入ると思います。

ストレートの最速は159km/h。動画を見た限りだと、変化球はスライダー、スプリット(?)、ツーシームが確認できました。スライダーに関しては縦変化と横変化を投げ分けられるかもしれません。

日本の場合ボールが動きにくいという特徴があるので、スプリット(?)やツーシームはそこまで大きな武器にはならないかもしれませんが、スライダーであれば問題なく空振りを奪ったりタイミングを外したりすることができると思います。

ストレートについてはキャリア最速が159km/hというだけで、おそらく今はそこまで出ないもんだと思っておくのが安全だと思います。それでも150km/h前後のアベレージは期待できると思うので、速いストレートにスライダーを織り交ぜた投球で、打者に真っ向から立ち向かっていくとこになると思います。



次いでメジャーでの実績ですが、やはり特筆すべきは2015年シーズンです。私が見た動画も大半がこの年映像だと思われます。

32登板(32先発)14勝9敗 188.2回 150奪三振 防御率4.67

これは向こうでも「優秀なスターター」といった評価になっている気がします。ほぼ1年間ローテーションに入って、毎試合6回3失点を続けていたという計算になります。

6回3失点は先発投手としての最低限のラインとされているんですが、それで貯金5を稼ぎ出しています。つまり、チームとしてもそれで十分だったこということでしょうね。

ほかにもメジャーで登板したシーズンはありますが、その大半が先発としての登板になっています。

 

ただ今回、巨人はこのデラロサを「中継ぎ投手」として獲得しているんですよね。

「もしかしたら先発してもらうこともあるかもしれない」

といったような発言をどこかで聞いたような聞かなかったような気はしますが、チーム状態を考えてもほぼ中継ぎ起用となると思われます。

実際2017年シーズンを最後にメジャー登板はなく、そのシーズンもすべて中継ぎとしての登板になっているので、先ほど挙げた数字は見なかったことにしたほうがいいと思われます。

今シーズンは3Aで18試合に登板して、2勝0敗1S防御率2.49。内容を見ないことには何とも言えないラインなんですが、完全に通用しなくなってマイナーとかいった感じではないようです。



とはいえシーズン途中に獲得できたということは、球団が手放したということです。何かしらの訳あり物件だから、獲得に至ったということですね。

というのも、2017年に2度目のトミージョン手術を受けて去年は出場なし。それで今年が復帰シーズンだったんですよね。

トミージョン2回と聞くと不安になるかもしれませんが、考えてみればマシソンも2回受けた状態で日本に来ました。

それでいてあれだけの連投でチームを支えてくれているので、それに関して今から特に大きな心配をする必要はないと思います。

1 2

コメントを残す

コメントする