読売巨人軍2019年交流戦勝利試合プレイバック!

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら

みなさんおはあんず~

今日は先日終了した、2019年度の交流戦を振り返っていきたいと思います。

詳細な解説については、各項目からその試合のレビュー記事に飛べるので、よろしければそちらもご覧下さい。



楽天戦(楽天生命パーク)

1回戦 巨3-2楽~起死回生!ビヤヌエバ9回逆転2ラン!!

交流戦の開幕戦となったこの試合。

序盤は緊迫した投手戦が続き、8回表を終わって1-1で推移。

巨人は8回、リリーフで無敗記録を更新中の高木京介をマウンドへ。しかし楽天の3番・浅村に勝ち越しのソロホームランを許してしまう。

このままだと連続無敗記録がストップしてしまう9回。

楽天のクローザー・松井裕樹を前に、先頭でこの日6番に下がった岡本和真がセンター前ヒットで出塁。一発出れば逆転のチャンスを作ると、打席にはビヤヌエバ。

3球目の甘く入ったチェンジアップを豪快に振り抜くと、打球はそのままレフトスタンドへ。

起死回生の逆転2ランで試合をひっくり返した巨人。その裏は守護神・中川皓太がピンチを招くものの、小林誠司の強肩も光って無失点。交流戦の初戦を、見事な逆転勝利で飾った。

 

2回戦 中止

 

3回戦 巨2-1楽~桜井俊貴プロ入り後先発初勝利!

後に振り返ってみると、今年の交流戦最大のターニングポイントとなったのがこの試合だった。

まず巨人の先発は3年ぶりの先発登板となる桜井俊貴。今年もここまでは中継ぎとして調整してきていたものの、先発ローテに欠員が出た関係でこの日の登板を迎えた。

打線では8番・セカンドで2年目の若林晃弘が今シーズン初のスタメン出場。岡本和真を前日までの6番から5番に上げ、この試合に挑んだ。

試合は2回。2アウトながらランナー1・3塁のチャンスを作ると、打席は8番の若林。

この打席でレフト前タイムリーを放つと、これがプロ初打点に。先発初勝利を目指す桜井に先制点をプレゼントした。

その後桜井が同点に追いつかれたものの、6回には岡本が2桁10本目となるアーチをライトスタンドに描いて勝ち越し。

その後も桜井は熱投を続けて、7回途中まで投げて1失点。7回裏2アウト2塁でマウンドをリリーフに託す。

そのピンチも高木京介が切り抜けると、8回1アウトからは病気で出遅れていたマシソンが今シーズン初登板。そのマシソンも無失点でねじ伏せ、9回は中川皓太が三者連続三振。

流れるような投手リレーで、楽天戦の勝ち越しを決めた。



ロッテ戦(東京ドーム)

1回戦 巨4-3ロ~若林晃弘プロ初アーチ!

前日の活躍が認められ、若林はこの日もスタメン出場。そして、岡本和真も3試合ぶりに4番に戻った。

試合は先発・メルセデスが苦しいピッチング。立ち上がりこそなんとか切り抜けたものの、3回に先頭のピッチャーへの四球を足がかりに2失点。更にノーアウト満塁のピンチが続いたが、そこは抑えきって致命傷には至らなかった。

打線は4回。ランナーを1人置いて、若林がライトへ特大の同点2ランホームラン。

前日のプロ初打点に続きプロ初ホームランもマークして、試合を振り出しに戻した。

続く5回。今度は2アウト2塁のチャンスを作ると、打席には4番・岡本。

レフトへしぶとく打球を運ぶと、セカンドランナー・丸佳浩が一気にホームイン。さらに大城卓三も技ありのタイムリーで繋いで、この回2点を勝ち越した。

しかし直後の6回。メルセデスがノーアウト1・3塁のピンチを招くと、2番手・宮國椋丞がマウンドへ。

1アウト2・3塁となり、打球は浅い外野フライ。これでスタートを切ったサードランナーを、レフトの亀井善行がレーザービームで刺して勝負あり。

その後のロッテの反撃を1点で食い止め、ロッテとの初戦をものにした。

 

2回戦 中止

 

3回戦 巨11-3ロ~菅野智之復帰登板で勝利!

違和感の影響で先発ローテーションを外れていたエースの菅野智之がこの試合から復帰。キャッチャーには小林誠司ではなく、炭谷銀仁朗が入った。

試合は序盤からロッテの先発・石川を攻め立てて優勢に。4回には若林晃弘の父親超えとなる第2号ホームランも飛び出した。

菅野は序盤から荒々しいピッチングが続いていたものの、失点は5回の2ランによる2点だけ。6回2失点で先発としての役割を果たした。

試合はその後8回。リードを5点にまで広げると、ランナー2人を置いたチャンスでバッターは代打・阿部慎之助。

この打席でライトへ豪快な3ランホームランを放つと、これでホームランを放った投手の数が歴代最多となる229人に。また一つ、球史にその名を刻んだ。

 

西武戦(メットライフドーム)

1回戦 中止

2回戦 巨9-4西~流れを呼ぶ。高木京介3回パーフェクトリリーフ!

ところ変わって西武戦。

試合は初回。亀井善行が先頭バッターホームランを放ち先制に成功する。

しかし3回。先発・田口麗斗が西武打線に捕まって3失点。逆転を許してしまう。

直後の4回。巨人はゲレーロと若林の連打でチャンスを作ると、炭谷銀仁朗が逆転となるタイムリーを放って再び試合をひっくり返す。

試合は4回裏。田口が2アウト満塁のピンチを背負ったところで、早くも田原誠次にバトンタッチ。

それを受けて田原は、山川をスローカーブで三振に仕留めてピンチを凌ぐ。

1点差のまま5回からは高木京介がマウンドへ。ここから圧巻の投球を見せた。

勢いのあるストレートに緩いスローカーブを織り交ぜた投球で西武打線を翻弄。当初の予定をオーバーする3イニングを投げ抜き、打者9人をパーフェクトで抑えた。

その直後、打線は西武の中継ぎを攻め立て2アウト満塁のチャンス。このチャンスに亀井善行が走者一掃のタイムリーツーベースを放って勝負あり。相手の本拠地で、このカード1勝目を挙げた。



3回戦 巨8-2西~銀の恩返し。炭谷銀仁朗好リード&豪快3ラン!

先発マウンドには前回好投した桜井俊貴。

この日もストレート、カーブ、カットボールを駆使した全力投球で、西武打線を抑え込んでいく。

1点リードで迎えた4回。

ランナー2人を置いて、打席には桜井の女房役・炭谷銀仁朗。初球の甘いストレートを豪快に振り抜くと、打球はあっという間にレフトスタンドへ。古巣への恩返しとなる一打で、試合を優位に進めた。

その後桜井は前回途中降板した7回まで投げ抜き、失点はホームランによる1点のみ。バッテリーの活躍で、交流戦3カード連続の勝ち越しを決めた。

 

日本ハム戦(札幌ドーム)

1回戦 中止

2回戦 巨8-5日~山口俊8回自責0で今シーズン6勝目!

この日は相手先発・金子弌大を序盤から捉え、余裕を持った展開に。

5回までに8点の援護を受けた先発・山口俊はスイスイと投げていき、8回までを2失点(自責0)に抑える好投。

9回に相手の反撃にあったものの、隙のない投手リレーで逃げ切って勝利を収めた。

 

3回戦 巨7-3日~菅野智之札幌ドーム初勝利!

この日はエース・菅野智之が先発。

しかし初回から打ち込まれ、いきなり先頭から4連打を浴びるなどこの回3失点。苦しい立ち上がりとなった。

しかし打線は直後の2回。打線が繋がり単打5本を集中。四球や相手のバッテリーミスも相まって一挙5得点。試合をひっくり返した。

菅野は2回以降なんとか立ち直り、気がつけば7回までを投げきり、失点は初回の3点のみ。

その後はマシソン→中川皓太の盤石なリレーで逃げ切り、交流戦4カード連続の勝ち越し。菅野は札幌ドームでプロ初勝利を挙げた。



オリックス戦(東京ドーム)

1回戦 巨4-3オ~マシソン負傷も……陽岱鋼決勝打!

試合は初回に丸佳浩の2ランホームラン、3回には岡本和真にソロホームランが飛び出し、試合を優位に進める。

先発の今村信貴は粘り強い投球を見せ、6回まで1失点。リリーフにマウンドを譲った。

その後7回は澤村拓一が無失点。8回にはマシソンを投入し、逃げ切りかと思われた。

しかしマシソンが1アウトを取った後、投球直後に足の違和感を訴え降板。後を受けたリリーフ陣が捕まって、3-3の同点となった。

嫌なムードが流れた東京ドームだったがその直後。こちらむ1アウト2塁のチャンスを作ると、代打・陽岱鋼。

初球を迷いなく振り抜いた打球は、前進守備のライトの頭上を越えるタイムリーツーベース。ここ最近重信慎之介のスタメン起用が続き、ベンチスタートが続いていた男の一振りで、再び勝ち越しに成功した。

試合はそのまま中川皓太が締めくくって勝利。交流戦最後の週は、白星スタートを飾った。

 

2回戦 中止

 

3回戦 巨4-2オ~交流戦覇権獲得へ。主役は丸!

試合は序盤から投手戦となり、4回まで0行進が続いた。

試合が動いたのは5回。先発・桜井俊貴が2アウトからタイムリーを浴び、2点の先制を許してしまう。

反撃したい打線は6回。

先頭の代打・山本泰寛がヒットで出塁すると、2アウトから丸佳浩が値千金の同点2ランホームラン。K-鈴木を5回まで1安打と打ちあぐねいたものの、この一打で試合を振り出しに戻した。

そして8回。再び丸佳浩の前に2アウト1・2塁のチャンスを作ると、相手はK-鈴木を諦めて中継ぎで近藤を投入。

しかし丸はこれを全く意に介さず、近藤からライトフェンス直撃のタイムリーツーベースヒット。ランナー2人がもれなく生還し、交流戦5カード連続勝ち越しを決めた。

 

ソフトバンク戦(東京ドーム)

1回戦 中止

2回戦 巨7-2ソ~投打がっちり山口俊7勝目!

試合は3回。

相手先発の右アンダースロー・高橋礼に2アウトから4連打を浴びせ、一挙3点の先制に成功する。

先発・山口俊はストレートの走りがよく、ソフトバンク打線を圧倒。

7回まで1失点に抑えると、その裏の打席へ。ノーアウト1・3塁のチャンスで四球を選び出塁すると、続く亀井善行のタイムリーで2点を追加。この段階で、山口俊に代走が送られた。

山口俊はこれで7勝目。投打ががっちり噛み合った試合を持って、2019年の交流戦が終了した。

 

3回戦 中止


1 2

コメントを残す

コメントする