2019年6月2週・読売巨人軍先週の結果&今週の予定

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

→初めての方はこちら

→6月1週はこちら

先週の結果

カード 結果 MVP 球場
6/4 vs楽天 3-2 ビヤヌエバ 楽生P
6/5 vs楽天 中止
6/6 vs楽天 2-1 桜井俊貴
6/7 vsロッテ 4-3 若林晃弘 東京D
6/8 vsロッテ 中止
6/9 vsロッテ 11-3 大城卓三

(日付選択で試合予想、結果で試合レビュー、カード・MVPでタグ記事に飛べます)


みなさんおはあんず~

先週から交流戦が始まっています。巨人はまず最初の1週間を4勝2中止で乗り切って、好スタートを切りました。

まずは火曜日からの楽天戦。

初戦は1点ビハインドで迎えた9回の表。ランナー1人を置いてビヤヌエバが逆転の2ランホームランを放ち、試合をひっくり返しました。9回をビハインドで迎えた試合で逆転するのは、今シーズン初めてでしたね。

2戦目は中止になったものの、3戦目には桜井が自身3年ぶりの先発。7回途中までを1失点に抑える熱投を見せ、先発としてのプロ初勝利をマークしました。

先週の先発ピッチャーを見て「桜井が一番長いイニングを投げて一番いい防御率で抑える」って予想できた人っているんですかね?

 

週末には東京に帰ってきてロッテ戦。

初戦は前の試合でプロ初スタメンを勝ち取った若林がこの日も躍動。2点ビハインドの4回にプロ入り第1号となる同点2ランを放ち、存在感を見せつけました。

2戦目は同じく中止になったものの、3戦目でエース菅野が久しぶりの1軍復帰。本調子とは言えないまでも力でねじ伏せるピッチングで、ハーラートップタイの6勝目をマークしました。

 

それと同時に日曜日には嬉しい話題が。育成の加藤脩平が同日付で支配下登録されました!

加藤脩平は高卒3年目の育成選手で私と同い年でもあり、密かに応援していた選手でもありました。先週はイースタンの試合で9回に同点ホームランを放つなど、今年に入って2軍戦でのアピールが続いていました。

早かれ遅かれいずれの支配下候補だとは思っていましたが、正直想像よりも早かったですね。基本的に開幕後に育成選手が支配下になるタイミングは、「7月31日直前」か「1軍で使えると判断されたとき」なので、あるとしてももうちょっと先だと思っていました。

ということは逆に、近いうちの1軍昇格もあり得るということだと思います。もしかしたら今週にでも、1軍での活躍が見られるかも知れません。

加藤脩平については交流戦後の空白期間にまた改めて記事にしようと思うので、そちらもよろしくお願いします。



ここからは今週の話。

まずは火曜日からビジターで3連戦。そして金曜日に札幌に飛んで、週末は日ハムとの3連戦になります。

ローテーションに関しては今週から特に大きな変更はないと思います。誰も抹消されてませんしね。

まず西武戦では今村信貴→田口麗斗→桜井俊貴の順で先発予想。

西武は比較的左の技巧派に弱いイメージがあるので、信貴と田口で翻弄して狂わせておいてから、桜井が勢いに乗って投げる流れになれば最高でしょう。

それでも多少の失点は覚悟が必要になると思うので、打線の奮起にも期待です。

そして週末はメルセデス→山口俊→菅野智之の表ローテ。

広い球場ではありますがそこまで投手戦になるというイメージはありません。正直このカードは一番どっちにも転びうると思っているので、まずは初戦を総力戦になってでも確実にものにしていきたいですね。ここまでで多少のリリーフを使っていても、後ろの2人が責任持って完投してくれるでしょう。

 

今週の最大のポイントは全試合でDHが使用可能ということですね。

楽天戦では大城と慎之助にDHを託しましたが、今週どうなるのかがまた注目ですね。

キャッチャー大城の選択肢があることも判明しているので、西武戦なんかはそっちで打撃全振りのオーダーにしても面白いかも知れませんね。まぁ銀仁朗がいるんで全試合キャッチャーは銀仁朗かも知れませんが。

後は先週全体的にサボり気味だった勇人と丸がしっかり働いてくれれば、チームとしての攻撃力は最大限まで発揮されると思います。

 

それではまた明日。おつあんず~


にほんブログ村


次週

2019年6月3週・読売巨人軍先週の結果&今週の予定

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする