2019年4月17日 vs広島(第5回戦)試合前情報!

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加
前の試合↓↓↓

vs広島(第4回戦)~山本泰寛が初スタメンで躍動!(2019.0416)

1. 日時 2019年4月17日(水)18:00

2. 相手 広島東洋カープ(第5回戦)

3. 球場 藤崎台県営野球場

4. 予告先発 高橋優貴ー野村祐輔

5. 注目選手 下位打線

6. 出場選手登録 高橋優貴

 

前日は鹿児島で会心の勝利。今日は熊本に移動しての一戦となります。

先発は2週間ぶりの1軍登板となる高橋優貴。

前回同様、後先考えずにどんどん最初から飛ばしていって貰えればと思います。明日は休みなんで。

一方相手先発は野村祐輔。

イメージとしては、

・6回2失点くらい?

・ストレートはそんなに

・打たせて取るタイプ

といった感じですかね?打ち込んでるイメージも抑え込まれてるイメージもありません。

今の打線の状態であれば、ある程度の得点は期待できるのではないかと思います。

 

打線の方ですが、昨日のことがあるのでちょっと読めないですね。

1~4は変らないとして、後は謎です。

山本が思ったより良かったので、右ピッチャーでも引き続き出るかもしれませんし、岱鋼がホームラン打ってるんで、同じく右ピッチャーでもスタメンかもしれません。

重信スタメンも十分あり得るとは思いますが、その場合下位打線がそれなりにさみしく映りますし、ゲレーロを差し置いて使ったりライトで使ったりするかは疑問です。

キャッチャーは銀仁朗でしょうけど。とにかく下位打線の組み方に注目してみたいですね。

 

あと、今後も話す機会がなさそうなので、今週行われた大幅な1・2軍の入れ替えについても触れておこうと思います。

テコ入れがどうのこうの言われてますが、基本的にこの規模の入れ替えはどこかでする予定だったと思います。今はあくまで「見極め」の時期なんで。

投手陣は、畠、竜聖、坂本工宜が抹消で田原と京介が登録。

畠は単純に再調整でしょうし、後のリリーフはどちらにせよ誰かと入れ替える気でいたと思います。

田原は実績十分でいずれ使われることは分かっていましたし、京介もイースタンで調子が良かったので妥当な昇格でしょう。

坂本工宜も1軍では苦しいピッチングでしたし、降格はやむを得ないかと。

竜聖は防御率的に見たらそこまで悪いと言うほどでもないですが、大事なのは「何が何でもリリーフとして結果を出さないといけない投手」ではないということですね。

プロ入りからずっと先発投手として育てられてきましたし、今年リリーフをやっていたのもあくまで「一番1軍に入れる可能性が高いから」です。

今後先発として育っていく可能性もあるピッチャーを、微妙な成績で無駄に長々と1軍に置いておく必要も無いということだと思います。他がいないわけではありませんし。

そもそも防御率だけを見て光夫を落とすわけにもいきませんしね。光夫は「何が何でもリリーフとして結果を残してくれないと困る選手」なので。

1 2

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする