巨人が岩隈久志と契約合意!

最終更新日

このエントリーをはてなブックマークに追加

あのさぁ。

今の今まで「新外国人選手2人と育成契約」についての記事書いてたんですよ?

今からあげようかな?ってところでしたから。

急にぶっ込んでこないでもらえますかね笑?

まあいいや。行きましょう笑

 

といってもね、さすがに準備してなさ過ぎましたね笑

何も浮かんでこないですけど笑

噂では調査中と言われてたり、岩隈投手も話は進んでいると言っていたりで、もしかしたらあるのかな?位には思ってましたけど、本当に契約まで持って行くとは。さすが巨人軍。が違いますね!

 

まあ岩隈についてですけど、わざわざ私が言うまでもないでしょう。

近鉄(記憶はない)・楽天でエースとして活躍。シーズン20勝や沢村賞の実績もあり、WBCでは世界一にも輝きました。

その後メジャーに渡りノーヒットノーランを達成するなど、マリナーズで先発の柱として活躍。

間違いなく日本を代表する投手の1人です。(私の現状の知識だと今自信もって書けるのはこのくらいです。ごめんなさい)

 

岩隈といったら何と言ってもコントロールという印象です。正直あまり登板を見たことがあるわけではないのですが、キャッチャーの構えたところに面白いようにボールが吸い込まれていくな。と思いながら見ていました。ストレートは決して速くないのですが、それを引き立たせるためのスライダーやフォークボールは天下一品でしょう(ですと言い切れないのが悔しい)。

そんなに速くないストレートをメジャーのバッターが長年打てなかったのですから、間違いなく確かな「投球術」を持っているんでしょうね。

 

おそらく今回、球団が1番求めているのはそこの部分でしょう。

誰かのコントロールや変化球というのは見ているだけでは(もしかしたら教えて貰っても)伝わりません。しかし、マウンドで発揮する「投球術」は、間近で見るだけでも感じられるのではないでしょうか。若手投手にとっての「活きた教本」としては、本当にいい人材だと思います。

 

とは言っても、あくまで「選手契約」ですから、本当に求めているのはチームの勝利に繋がるピッチングです。

起用法としては、これまでの経験からしてもおそらく「先発」ということになるでしょう。

・長い回を投げられるのか?

・シーズン通してローテーションに入れるのか?

などの不安要素はあるかもしれませんが、それは始まってみないと分かりません。

というかそもそも私は、現状の巨人のピッチングスタッフからしてみれば、岩隈は「ローテーションを奪い取る」立場なのではないかと思っています。

原さんの場合、最初の数試合は無条件で1軍先発をさせるかもしれませんが、そこで結果が出なければ、すぐに2軍降格という流れも十分考えられます。そうはさせじとする「本物の投球」を期待したいですね!

 

1 2

nagatomo

名古屋在住の巨人ファン 「巨人第一主義」が座右の銘 毎日更新中!!

シェアする